自転車で川越散歩

我が家から伊佐沼へは自転車で約30分。週に2~3回伊佐沼へ行っています。その他川越周辺や公園などの写真のブログです。

 
2017年12月25日(月)

午後4時半頃、越辺川の白鳥の飛来地へ行ってみた。
今日は風が強くて寒い。

IMG_3389_20171225183920a5a.jpg

土手の上から水門前を見ると、たくさんの白鳥が見える。
遠くには富士山。

IMG_3343_20171225184107a2e.jpg

土手を下りて川辺に行ってみると、50羽くらいの白鳥が、鴨と一緒に泳いでいた。

IMG_3371.jpg
 
 
IMG_3376.jpg

 
IMG_3369.jpg

人が近づくと、餌を貰えるのかと思ってか寄ってくる。 
 
IMG_3366_201712251845246f6.jpg
 
IMG_3365.jpg
 
 
IMG_3344.jpg

しかし、餌を与えることは禁止になっている。
ゴメンね・・・。





スポンサーサイト
 
2017年12月15日(金)

今朝は早起きして白鳥を見に行った。
朝6時に家を出た。
あたりはまだ暗い。

IMG_3120_20171215101150a57.jpg
6時50分頃越辺川白鳥の飛来地に到着。
ちょうど日の出の時間だ。
水門の付近に、30羽を超える白鳥がいた。

IMG_3113.jpg
 
IMG_3108.jpg
  
 
IMG_3127.jpg
 
 
IMG_3128-a.jpg

下流の方へ行ってみると・・・

IMG_3134.jpg
カメラを構えた人がずらり。

IMG_3144.jpg
カメラの先には10数羽の白鳥。

IMG_3131.jpg
 
IMG_3133.jpg
川下へと向かう白鳥。

IMG_3150.jpg

今日は水門前と川下を合わせて、50羽を越える白鳥がいたようです。





 
2017年12月5日(火)

三井精機工業の「白鳥便り」によると、川島の白鳥飛来地(越辺川)には11月末あたりから20羽近くの白鳥が来ているとのことなので、妻と2人で見に行った。
朝の飛び立ちが早いらしいので、この時間にいるだろうかと心配しながら8時半頃到着。

IMG_2747.jpg
土手の上から見たところ、数名の見物人と鴨の群れ。
白鳥は見当たらない。
飛び立ったあとらしい。
やはり遅かったのかな・・・。

IMG_2753.jpg
川辺では鴨たちの歓迎を受けた。
餌が貰えるのではないかと寄ってくるようだ。

遠くに白い鳥が数羽。

IMG_2757.jpg
シラサギでした。

白鳥は朝早く飛び立ってしまったらしい。
しかし、飛ぶことの出来ない片羽の白鳥はどこかにいるはずだ。
前回も見かけた下流の方へと行って見た。

しばらく歩くと、前方に白い点が一つ。
白鳥のようです。
そしてこちらへ向かって泳いできます。

IMG_2775_20171205141035faa.jpg
やはり飛び立つことの出来ない1羽だけが残っていたようです。

IMG_2765_20171205141035893.jpg
上流に向かって泳ぎます。

IMG_2796_2017120514103821b.jpg
途中で羽を広げました。


IMG_2823.jpg
やはり片羽です。

IMG_2819.jpg
水門の近くで鵜を見つけて近づきました。

IMG_2854.jpg
まずはご挨拶。

IMG_2845_20171205141550aa7.jpg
鵜は羽を広げて歓迎。

IMG_2850.jpg
その後は揃って仲良く毛づくろい。
しばらくして、また泳ぎ出します。

IMG_2933.jpg
こんどは鴨たちの歓迎を受けました。

IMG_2935.jpg
こんどは鴨の大群を引き連れて悠々と泳ぎます。

仲間と一緒に飛ぶことの出来ない片羽の白鳥。
でも、他の野鳥たちと一緒に楽しく生活しているようです。

IMG_2949.jpg

白鳥は7時頃飛び立つらしいので、今度はもっと早く来て他の白鳥も見たいと思います。
夕方帰ってくる頃も狙い目なのかも知れません。



 
2017年11月22日(水)

川島町の白鳥の飛来地、越辺川。
昨年の今頃はたくさんの白鳥が来ていた。
しかし、情報によると今年見られたのは今のところ2羽だけ。
しかもそのうちの一羽は、羽を片方失って飛ぶことが出来なくなり、越辺川に住み着いているものだという。

午後3時頃、越辺川へ行ってみた。

IMG_2523.jpg
土手の上から、水門のあたりを見下ろす。

IMG_2504.jpg
たくさんの鴨の群れが泳いでいたが、白鳥の姿はない。

川辺を川下に向かって歩いてみると・・・・

IMG_2478.jpg
いました!。
一羽だけ。
これが羽を片方失った白鳥でしょうか?

IMG_2503.jpg
しばらく見ていると川上へ向かって泳ぎ出しました。

IMG_2502.jpg
 
IMG_2492.jpg
水門前近くの浅瀬のところで立ち止まってポーズ。

IMG_2508.jpg
水門前から少し先の方まで行ったところでUターン。

IMG_2506_20171122175041b11.jpg
反対側の羽。
小さいように見えます。

IMG_2514 (2)
浅瀬のあたりに立ち止まって、羽を開いて見せてくれました。
確かに片方の羽が小さいです。
事故か何かで失った羽がまた生えてきたのでしょうか?

過去のネット情報を調べてみると次のような記事があった。

「川島町の主婦加藤浩美さん(50)らは2014年3月頃、このコハクチョウが北へ帰る直前、血だらけで飛来地に逃げ戻ってきたのを目撃した。犬などに襲われた可能性がある。ぐったりした状態で、しばらくして左翼が抜け落ちた。親鳥らしきコハクチョウが上空を旋回していたが、右翼だけのコハクチョウは飛び立てなかった。
飛来地近くにすみついたコハクチョウは、草などを食べ、夏は木陰で暑さをしのいでいたという。秋はシベリアから戻った他のコハクチョウと仲良く泳ぐ姿も見られた。・・・・・・・ 」


もう4年近くもこの川に住み着いて生きているようです。
生命力の強さに驚かされます。
この羽が大きくなって何年か後には飛び立つことが出来るようになって欲しいと願わずにはいあられません。

ネットの情報によると、今年はもう一羽が来ていて時々一緒にいるのを見かけるとのこと。
去年はもっとたくさんの白鳥が来ていたのですが、今年は飛来が遅れているのでしょうか。
それとも気候変動などの影響で、この場所には来なくなってしまったのでしょうか。
心配です。

 
川島町の白鳥の飛来地、越辺川へ白鳥を見に行った。
元旦に行った時は、最後の群れが飛び立ったところだったので今日はちょっと早めの8時半ころ到着。
今日はまだいるだろうか?

入口付近は鴨ばかりで白鳥の姿は見当たらない。
少し奥の方へ行ってみると、たくさんの人がカメラを構えていた。

IMG_6530 (2)
しかしその付近に白鳥の姿はない。

ずっと先の方に目をやると白いものが並んでいるが、視力の弱い私には良く見えない。
ズームを上げながらファインダーから覗くと・・・

IMG_6406.jpg
いました、いました!
たくさんの白鳥が見えます。

IMG_6338_20170114121727bd3.jpg

IMG_6339.jpg
ちょうど逆光、まぶしくて良く見えないので、うまく撮れているかと心配でしたが、まずまずの写りでした。

飛び立つ瞬間を撮ろうと大きな望遠カメラを構えて皆さん待機しているようです。
私のコンパクトカメラでは、ちょっと無理かな?

時々10羽位のグループで飛び立っていきます。
飛び立つ瞬間。
あちこちで一斉にシャッターの音。
私もシャッターをきってみました。

IMG_6386.jpg

IMG_6334.jpg

IMG_6390.jpg

IMG_6369.jpg

約1時間くらいの間に、ほとんどの白鳥は飛び立っていきました。
しかし、残留組も何羽かいます。
その一部は入口の方向に向かって泳ぎ始めました。

IMG_6504.jpg

IMG_6398 (2)
私たちもあっちへ行ってみようかねぇ。

IMG_6512.jpg

IMG_6553.jpg
入口付近へ戻ってみると、数羽の白鳥が飛び立たずに残って愛嬌をふりまいていました。
あとから来た見物客へのサービスでしょうか?

IMG_6574.jpg
鴨と白鳥が一緒の眺めもまた良いですね。

IMG_6582.jpg
帰り際に土手の上から1枚。

早朝から多くの人を楽しませてくれた越辺川の白鳥たちに感謝です。