自転車で川越散歩

パソコンタッチ塾高階教室のブログなのですが、最近はもっぱら伊佐沼の風景を載せているので、それに合わせてタイトルを変えました。

埼玉県の放射線調査

食品の放射線汚染が心配されていますね。
埼玉県では、県内各地で生産された食品の放射線検査結果を
ホームページで公表しています。
米、野菜類(果物・きのこ類を含む)、原乳、お茶、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵、麦、魚についての測定結果が公表されています。
安心のためにも、時々チェックしてみると良いと思います。

種類別のページに直接ジャンプしたい場合は、下記をクリックしてください。



野菜類(果物・きのこ類を含む)

原乳

お茶

牛肉

豚肉

鶏肉

鶏卵




スポンサーサイト
[ 2011/10/10 09:51 ] 時の話題 | TB(0) | CM(0)

しあわせ運べるように

今朝7時台のNHKラジオ「時代を元気にしてくれたあの唄・あの言葉・あの笑い」の中で、阪神・淡路大震災のときに「しあわせを運べるように」を作詞、作曲した小学校教諭 臼井真氏の話が放送されていました。
この歌で被災地の方を勇気づけようという活動も広がっているようです。


しあわせ運べるように
作詞・作曲 臼井 真

地震にも負けない 
強い心をもって
亡くなった方々のぶんも 
毎日を大切に生きてゆこう

傷ついた神戸を 
元の姿にもどそう
支え合う心と明日への 
希望を胸に

響きわたれぼくたちの歌 
生まれ変わる神戸のまちに
届けたいわたしたちの歌 
しあわせ運べるように


地震にも負けない 
強い絆をつくり
亡くなった方々のぶんも 
毎日を大切に生きてゆこう

傷ついた神戸を 
元の姿にもどそう
やさしい春の光のような 
未来を夢み

響きわたれぼくたちの歌 
生まれ変わる神戸のまちに
届けたいわたしたちの歌 
しあわせ運べるように

 響きわたれぼくたちの歌 
 生まれ変わる神戸のまちに
 届けたいわたしたちの歌 
 しあわせ運べるように
[ 2011/04/02 10:15 ] 時の話題 | TB(0) | CM(0)

待機電力とコンセントを抜く場合の注意点

待機電力とは、電気機器を使っていなくても、コンセントにプラグを差し込んでおくだけで消費される電力のことです。
最近の電気機器は、節電に対する工夫もいろいろなされており、待機電力も小さくなるように作られているものが多くなってきました。
また、ブラウン管式のテレビと液晶のテレビとでは待機電力が大きく異なります。
待機電力は、製品が製造された年や、メーカー、大きさなどで異なりますが、主な家電機器の平均的な待機電力はだいたい次の通りです。

待機電力

1年間コンセントにプラグを差しっぱなしにした場合の電気料は概ね次のようになります。

電気料

待機電力で消費される電力の電気料の年間合計は8,800円、月額平均では約733円になります。

待機電力を節約するために、
「使わない時はコンセントからプラグを抜きましょう」
とか、
「ブレーカーを切りましょう」
などと言われていますが、
これには注意が必要です。

全ての機器の電源を抜いてしまってはいけません。
ビデオデッキやDVDレコーダーなどは内蔵時計機能の狂いを生じたり、番組表などのデータ通信を行えなくなったりなどの不都合が生じます。
留守番電話も当然元を切ることは不適当です。
また、時計機能がついている機器はその都度設定をしなおすことが必要になります。
1つ一つの機器について、元を切っても支障がないかどうかを確認してから元を抜くようにしましょう。

エアコンは長期間使わない場合は、元を抜いておいた方が節電の上からは良いのですが次のような注意が必要です。
長期間エアコンの元電源を抜いておいた場合は、電源を入れてすぐに運転すると機械に損傷を与えることがあります。
長期間プラグを抜いておいたエアコンは、使う1日前に、コンセントにプラグを差しておきましょう。

また、説明書には「シーズン中(冬季)はコンセントを入れたままにしないと、暖房の効きが悪くなります。」と書かれていますので、暖房が必要な期間はプラグを差し込んだままにしておいた方が良いでしょう。
[ 2011/04/01 14:10 ] 時の話題 | TB(0) | CM(0)

不必要な便利

原発事故の影響により電力不足が叫ばれています。
節電のために駅のエスカレーターが止まっていました。
いつもはエスカレーターを利用する私も、やむなく階段を上ります。
思えば、新河岸駅にエスカレーターがついてのは、2年ほど前だったでしょうか。
それ以前は、エスカレーター無しでも何も不便も感じませんでした。
ということは・・・・・
「これは無くても良い便利」だったようです。
これに対して、体の不自由な方のためのエレベーターは、是非とも「必要な便利」だと思います。

駅の照明がだいぶ消えて、いつもよりは暗くなっています。
昼間の電車内の照明を消している路線もありました。
トンネルに入る時だけ照明を点け、出るとすぐ切っていてました。
地下鉄の通路などの照明も暗くなっています。
でも、実用上は何の支障もありません。
明るい方が気分がいいという程度のことでしょう。

私が子供の頃の真空管式のラジオやテレビはスイッチを入れてから数10秒待たないと画や音が出ませんでした。
それが当たり前だと思っていました。
今は待機電力を使って、スイッチを入れるとすぐに画や音が出るように作られています。
そして、節電のために電源の元を抜くことが推奨されています。
「待機電力」という便利な機能がついているために、わざわざ電源の元を抜くという不便な使い方が求められているというおかしな現象がおきています。
ちなみに、全家庭でテレビやステレオなどのプラグをコンセントから抜くと38万キロワットの電力削減が可能だそうです。

このように、あれば便利で快適だが、無くても特に支障がない便利があちこちに見られます。

今は、原発事故による電力不足から「節電が日本を救う」などが叫ばれていますが、電力の消費は地球温暖化や資源保護などの面から永続的に必要なことです。

人間は、楽なこと、快適なことへと流れてしまいがちです。
エスカレーターがあれば乗ってしまうし、スイッチを入れて数秒待つテレビよりも、瞬間に画が出る方を買ってしまいます。
買い物の時は、より照明の明るいお店に入ってしまうかもしれません。
経済追及、利益追及の社会では、必要のない便利、必要のないサービスへと流れがちです。

個人に節電の努力を呼びかけるだけではなく、節電優先を考えて、不必要な便利機能は最初から付けない、不必要な便利サービスはしないなど、社会全体が「不必要な便利」を見直す時に来ているような気がします。
[ 2011/03/29 11:48 ] 時の話題 | TB(0) | CM(0)

シーベルトとベクレル

福島の原発事故が心配されます。
事故発生当初は、「原発から何キロの地点での放射線量はXXXマイクロシーベルトである」など、「シーベルト」という単位で危険度の強さが表現されていました。
ところが、野菜な牛乳から放射性物質が検出されたという発表では、「ベクレル」という単位が使われています。
ベクレルと、シーベルトとはどう違うのか、どんな関係にあるのかを調べてみました。

ベクレルというのは、放射性物資から出る放射線の強さの単位、シーベルトというのは人体が放射線を浴びたときに受ける影響を表す単位だそうです。

わかりすい例をあげると、電球から発せられる光の強さと、電球からの距離によって違ってくる明るさとの関係のようなものです。
つまり、100ワットの電球から発せられる光の強さは一定でも、明るさは場所によって違います。
100ワットというのが、ベクレルにあたり、それぞれの場所での明るさがシーベルトにあたります。

また、マグニチュードと、震度との関係と同じようなものと考えても良いようです。
マグニチュードがベクレルにあたり、各地の震度がシーベルトにあたります。

人体からも放射線が出ている
私たちの身体は、カリウムなどの放射性物質を含んでいるため、6,000~7,000ベクレルの放射線を出しています。
また、野菜、牛乳、水、肉などもその中に含まれる放射性物質から放射腺がが出ていますが、次の値以下なら安全とされています。

放射性ヨウ素
   飲料水や牛乳 300ベクレル
   野菜      2000ベクレル
放射性セシウム
   飲料水や牛乳 200ベクレル
   野菜・肉・卵・魚 500ベクレル

今回茨城県産のほうれんそう1Kgあたり15,000ベクレル(7.5倍)の放射性要素が検出されましたが、これをシーベルトに変換すると、毎日15グラムを1年間摂取し続けたとしてもCTスキャン1回の5分の1程度で、健康への影響は考えられないようです。

一方、シーベルトの値がどの程度で、人体にどのような影響を与えるかについては、以下の表をごらんください。
(クリックすると大きい表が表示されます)
      
Sv.jpg

いずれにしても、現在公表されている値はただちに健康に影響を与えるものではないようですが、埼玉県産の野菜も調査対象になる、東京都の水道水が基準を超える汚染などの不安材料となるニュースも入ってきています。
今後の情報にも注意して、冷静に対応しましょう。

[ 2011/03/23 15:10 ] 時の話題 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Shibuya(川越のGG)

Author:Shibuya(川越のGG)
こんにちは!
健康のため、毎日1時間位自転車を乗り回しています。
最近は伊佐沼周辺へ行くことが多くなりました。
伊佐沼は水、花、鳥、昆虫、植物・・・と一年中楽しめそうです。

Counter
広告