自転車で川越散歩

我が家から伊佐沼へは自転車で約30分。週に2~3回伊佐沼へ行っています。その他川越周辺や公園などの写真のブログです。

 
私が初めてパソコンと出会ったのは、今から30年以上も前の1979年、NECのPC-8001が発売された時でした。
本体定価は168,000円、それにディスプレイやプリンタなど最低限必要な周辺機器を加えると300,000円位だったのではないかと思います。
かなり高い買い物でした。
でも、頑張って月賦で買ってしまいました。
このときから、私とパソコンとのお付き合いが始まりました。

pc-8001-a

当時として名機と言われた、有名機種でしたがメモリは16KB。
発売当時はフロッピーデスクは無く、カセットテープレコーダーを記憶装置として使い、データはカセットテープに記録しました。
データの保存や読み出しには、10分、20分、大きいデータの場合は1時間もテープを回しました。
いまではとておも考えられないことでした。

その後フロッピーデスクドライブが発売になりました。
定価は300,000円位だったと思います。当時は値引きなどはありませんでした。
これも全財産をたたいて購入しました。

FD-a.jpg

その性能の凄さには驚きました。
いままで、何10分もかけて読み込んでいたデータが瞬時に読み込めるのです。

この頃は、ソフトもあまり市販されていませんでした。
BASICという言語を使って、自分でプログラムを作りました。

その後パソコンは驚異的に発展しました。

しかし、8001は今から振り返っても、とても使いやすい良い機種でした。
8001との出会いが私のパソコン人生の出発でした。
そして、パソコンについてのいろいろな事を教えてくれました。
私がパソコンを使えるのは、8001との出会いがあったからだと言っても過言ではありません。
まさに、感謝の8001です。

その後何回かの買い替えの経過の中で、8001は処分してしまいました。

8001だけは取っておけば良かったと後悔です。
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::