自転車で川越散歩

我が家から伊佐沼へは自転車で約30分。週に2~3回伊佐沼へ行っています。その他川越周辺や公園などの写真のブログです。

 
パソコンのキーボードの配列は、ABC順でないし、あいうえお順でもありませんね。
今多く使われている配列は、QWERT配列と言われているものです。
上から2行目がQWERTの順になっているところから、このような名前がついています。
なぜ、このような配列になっているんでしょう。

Keyboard.jpg

これには、いくつかの説があるようです。
パソコンのキーボードの配列は、英文タイプライターの配列が元になっているのですが、

1.タイプライターが作られた当時は、あまり早く打つとタイプバーが絡まってしまうという故障を起こしやすかったので、わざわざ打ちにくい配列にしてある。

2.タイプライターのセールスマンが「TYPE LIGHTER」という文字を打ちやすいようにこの文字を
2行目に並べてある。

3.英文を良く研究して、左右両手が均等に使われるように配置してある。

などと言われていますが、どれが本当なのかは良くわかっていないようです。
QWERTY配列以外にもいくつかの配列があったようですが、英文タイピストの学校ではどこでもQWERT配列を教えていたため、この配列が普及して、他の配列は消滅してしまったと言われています。

パソコンのキーも、このQWERTY配列が主流になっています。
もともとは、英文を打つために考案された配列なので、日本語の入力には使いにくいとう声をあり、他の配列も何種類かあるのですが、あまり使われていないようです。
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::